山陽色素株式会社
トップページへ お問い合わせ・資料請求 サイトマップ English
会社紹介 品質および環境への取り組み 製品紹介 採用情報

採用情報
採用担当者からの挨拶
先輩からのメッセージ
営業本部 北村
技術開発本部 松本
生産本部 三川
部門紹介
新卒採用概要

先輩からのメッセージ





技術開発本部 松本

写真
現在の仕事について
工学部では、有機合成を専攻としていました。
今は液晶テレビ用のカラーフィルター用顔料分散体の開発を主に行っています。ラボで検討し、現場でトライする試作段階の少量生産も行っています。
ちなみに入社のきっかけは、インターネットだったんですよ。研究していたものとある程度合致した内容だったので。
入社してみると、実際のところ、「こういうのがあるんだなあ。」っていうのが感想でしたね。
2年ぐらいたって、やっとお客さまに評価していただけるものができたんですが、うれしいというより「不良品がでてしまったらどうしよう」という緊張感がいっぱいで、ある意味大変でしたね。

現場の一日
分散体という名前どおり、分散→評価の繰り返しです。社内で評価できる段階になるまで、たいてい1週間くらい時間がかかりますね。
もちろん、翌日に結果がでるものもあります。悪い結果ですけど。
社内評価で結果がよければお客様にサンプルを提出し、評価を依頼します。
お客様ごと評価項目が違うので、フィードバックはしょっちゅうです。やはり先方様は、独自のノウハウを持っているので、なかなか難しいです。
写真

写真 大変だったこと
ラボレベルからスケールアップを行った際に、従来品質とは異なるものが出来てしまい、修正するのにかなりの時間を費やしたことですね。
反対に、試作品が採用になった時や特許性のあるデータが出た時は嬉しかったりしますよ。数値が倍ぐらいでたときは特にね。今までで1回しかなかったですけど。(笑)

職場の雰囲気
グループとしては十名程度ですが、20〜30代の人が多く毎日楽しく仕事をしています。基本的には一人一人の仕事ですが、大きな仕事のときは二人でチームを組むこともありますよ。

就職活動アドバイス

正直、大学で研究していたものが、社会にでて延長してできることは特殊だと思うんですよ。そういうことを考えると、もっと幅広い内容を吸収しておいたほうがいいですね。時代の先端のITとか。もちろん専攻は大事にしながらもね。
僕も化学以外に特許法とかやればよかったです。授業受けていた思わぬ科目が、今役立ったりしてますから。

ページTOPへページのTOPに戻る



 Copyright(C)2004 Sanyo Color Works, LTD. All Rights Reserved. プライバシーポリシー